メニュー 閉じる

AndroidとiOSの両方を安く使う方法。

 スマートフォンのOSとして有名な2大OS。私の周りにはややiOSが多いような印象です。世界的シェアではAndroidが多いですが、日本ではiOSのシェアが大きいようです。特に女性。「AirDrop」で写真を共有したり、便利な機能がありますね。結局、どちらにもメリット、デメリットがあります。どちらが良いのでしょうか?

1.値段

 iOS端末(主にiPhone,iPad)とAndroid端末では、種類が圧倒的にAndroid端末が多く、値段も安い印象です。最近のiPhoneは10万円を超えています。Android端末はその半分以下の金額で購入でいることも珍しくありません。安いものであれば1万円台からでも。予算に応じて、スペックを選ぶことができるのは、Androidの大きな強みと言えそうです。

2.SDカード

 SDカードを使用できるのはAndroid端末です。iOSはSDカードスロットがありません。しかし、最近はクラウドにデータを保存することが主流となってきていて、SDカードスロットが搭載されていないAndroidスマートフォンが増えてきています。いずれはなくなってしまうのかもしれませんね…。

3.操作性

 賛否はあるでしょうが、iOSはApple端末用のOSであるため操作、対応わかりやすい印象です。Android端末は多くのメーカーが出していることもあり同じAndroid端末でもメーカーによって若干操作が異なったり、動作するアプリにも差があったりします。iOSはAppleからしか提供されていません。Macを利用している人であれば、iPhoneとの連携もスムーズに行えるので、メリットは大きいです。

4.結局、どうすれば一番安く両方のOSを使えるのか??

 違いについていろいろと上げてきましたが、結局、iOSとAndroidは好みにより選ぶ、というしかありません(笑)

 しかしながら実は割と安価に(月額ではスマートフォン1台分の契約料金で)両方使う方法があります。 端末をAndroid1台、iOS1台を用意すれば良い訳ですが、最も安く済む方法はというと、

 Androidのスマートフォンを1台契約し、iPod Touchを購入することです。

…非常に暴論ですが、iPod TouchはWi-Fi環境にあれば、疑似iPhoneです。勿論、電話番号は持てませんが、LINEは別途電話番号を持っていれば登録して使えますし、FacebookやTwitterのSNSも使えます。iOSでのみ提供しているスマートフォンゲームも出来ます。

 iPhoneとiPod Touchの違いは、「指紋認証、顔認証がない」「GPSは使えない」…といったところでしょうか。iPod TouchとAndroid端末があれば、回線契約をしたAndroid端末のテザリング機能でiPod Touchを使えば外出先でも便利です。もちろんiPhoneと比較するとカメラ性能は劣りますが写真も撮れますし、iCloudでデータ管理も可能です。

 iPod Touchは2万円台で購入可能です。iPhoneと比べると格安ですね。

 1台で十分という方からすると「はぁ??」と思われるかもしれませんが、意外と「Androidでしか」「iOSでしか」ないアプリもそれぞれあるので、両方あると便利です。

 もちろん、スマートフォン→Android、タブレット→iPadのようにしても同様の運用が可能です。

 iOSもAndroidも使いたいが、経済的に余裕がない方は是非検討してみてください。因みに、「ipodtouchではだめだ!!iPhone出ないと!!」という場合は、現在の最安iPhoneはSE2、税抜きで40000円前半で購入することができます。

<2021年2月追記:>

 昨今の携帯電話料金値下げ合戦の影響で、2台持ちをするハードルが下がってきています。1年間は利用無料と大胆な料金プランを打ち出してきている楽天モバイルや、3月からスタートする20GBまで使い放題、電話も5分以内なら無料のシンプルなプランを発表したドコモ、これに伴い格安スマホ事業者もより安いプランを打ち出してきました。

 今契約しているスマートフォンの契約プランの見直しをしたい人や、「今までiPhoneしか使ってこなかったけど、Androidも使ってみようかな??」という人はチャンスだと思われます。皆さま、快適なスマートフォンライフを。